CV高めるための文章構成

1.「商品キーワード・ペルソナターゲット決め」
売る広告商品をリサーチ。心理的に落とせそうなキーワードリサーチ。
(知名度は高いか/お得な情報はあるか/CVできそうなFLか)

サイトを作る前に必ずこの項目をチェックする。
【サイトテーマ:コンセプト:ターゲット:CVポイント:目標:サイト構造戦略:】

2.売れそうな広告か確認したら構成していく。

ターゲットが商品を購入して結果からの逆算。
2-1ここでは、検討しているけど、更に1押しするメリット、メリットがわかった上のもう1段階上のメリットから切り口で攻める。(Examination(検討)DEEP SEACH(深い検索))

2-2最終的に(最終的な意思決定をさせる/支払方法や登録のしやすさ/全額返金ありなど)

×Search(検索)⇒
×Comparison(比較)⇒商品を売る時は類似品と比較してセールス(メリットもセールス)
Examination(検討)⇒
※DEEP SEACH(深い検索)⇒
Action(行動)⇒(最終的な意思決定をさせる/支払方法や登録のしやすさ/全額返金ありなど)
Share(情報共有)

–チェック–
「タイトルはクリック率が高くなる工夫はされているか?」
「タイトル、内容は検索する人の思惑が現れているか?(本当の目的まで現れているか)」
「文章を読むことでイメージさせる誘導はしているか?」
「キーワードの両面を捉えているか?(賛成・否定/メリットデメリット)」
感情を揺さぶる文章になっているか?
(ユーザーの為になるか?)
(ランキングに同じようなタイトル、内容はないか?)
(過激すぎる表示はしない。景品表示法に注意)

ディープサーチでcvを期待できるキーワードか?

ある程度の情報をインプットしたら、あとはセールス手法とユーザーニーズに集中して量産する

1ジャンル1つ。誰も知らないことを詳しく書く。詳しいと思わせる。誰でも知っている情報はいらない。

広告商品1つにおいて 検索してCVに至るまでの流れ。
買う気が強い人はどういったキーワードを使い検索するのか?思惑はどこにあるのか?
検索してくる人の検索時の現在のシーン状況(電車の中?布団の中?昼?夜?)。時系列。

検索ユーザーは物を買う時、「値段」が一番気になる。
欲しい(検索)→値段(検討)→高い・・他には?(比較)→cv

・買い手目線で商品を紹介するには、「どうやって売るか」ではなく、「どうやったら買いたくなるか」

・消費者の認知度の低い広告は売れない

・広告のセールスポイントが具体的か消費者に刺さりやすいか確認する

・消費者に対してお得なメリットがあるの確認する

・お得な情報だけでキーワード見つけてコンテンツを作る。

・お得な情報、消費者にメリットがある広告のキーワードはcv率がかなり高い。

・消費者の心理で逆手に取りCVまで持っていける広告か?

・売る準備がしっかりとしている広告か?(内部・外部)

・申し込みしやすい。買いやすい。ユーザーが疲れないFLか?

・「無料」とか「割引、OFF」とか表記している広告

・購入して商品を使っている自分を想像できるような商品か?

・感情を動かしてくれるような広告か?

「本音と建前」

車を持っているのに新しい車に買い替える時、本音は「見栄を張りたいから」なのに奥さんなどに説明する時は「今の車は乗り心地が悪い。燃費が悪い」
など建前を付けてくる。

・人は感情でモノを買い、その買った行為を論理で正当化する

・買い手目線で商品を紹介するには、「どうやって売るか」ではなく、「どうやったら買いたくなるか」

・買い手の本当の目的を探る。

例:育毛剤購入者→「フサフサの髪になりた」「ハゲ解消」ではない。

本当は「モテたい」とか「自信を持ちたい」

「風が吹いても髪が気にならず、焦る必要がなく、心穏やかでいられる」
「髪の心配がないので、プールや海で心おきなく遊べるようになる」

例2:脱毛サロンに通う消費者→「脱毛することでツルスベになりたい」ではない。

「彼氏に綺麗にみられたい」とか「失恋したからスッキリしたいとか」

本当の目的は商品を買った後の目的が何かということを考えてキャッチコピーにする。

・消費者が買いやすい気持ちになる仕組みを作る、迷っている消費者の意思決定をしやすくするアプローチをする。

例:「効果がなかったら全額返金」「5年間無料保証」「勧誘なし」

・価格。

1.「誰に」もしくは「誰のための」商品なのかを明確にする

誰をターゲットに書いた説明なのか、しっかりと明記してください。それを読んだ人が「私の事だ!」と即反応できるくらい、細かい内容が良いです。

例.)日本酒をちょこっと飲んだだけなのに翌日に悪酔いをした事がある方は必飲
どこで食べても飛騨牛は美味しいから、どの店で食べても一緒と考えているあなた!

2.「何を」ウリにしているのかを明確にする

その商品がどういった特徴を持っているのかを書いてください。これは今まであなたがやっていた商品説明の事です。その商品の取り扱いのプロであるあなたが対面販売するときのように、詳しく特徴を挙げてください。

3.「どのような結果」を得られるのかを明確にする

その商品が今までの商品とどこが違うのか、「結果」に着目して説明してください。1のポイントと繋がった答えになると、筋の通った説明になって受け入れやすくなります。

例.)本当に良い純米のお酒には悪酔いなんて無縁なんです。ぜひ一本試してください。
当店の飛騨牛は、赤身の牛肉の熟成方法を「飛騨牛用」再調整しました!旨味が違います!

例は参考程度にしてください。事実なのかどうか、そこまで調べずに書いています。

この3つのポイントを押さえた広告・商品説明を飛騨高山で見た事はありません。
ぜひ一番乗りで実行してみてください。

PS.押し売りや商品の説明書きをしないのが飛騨高山の文化だ、と感じる方もいると思います。
その行動を選択するのも自由です。商品説明をしない行動を自己の責任で選択しただけです。
ただ、商品についての説明が全くないという事は、お客さんへの接客を放棄していると同義だと僕は思っています。そして、もし他の同業他者がしっかりとしたマーケティングを始めたとしたら…あなたのお店は置いてきぼりをくらい、経営が厳しくなる可能性が高まるという事を覚えておいてください。

物が売れる時、消費者が物を買う時はどんな時か?
これは物によって売れ方が違うと思う。
例えば、強/中/弱とあって一番売れる確率が高いの強。売れる確率が低いのが低。

強の時はキーワード:広告:コンテンツがマッチした時が一番売れやすい。

具体例:キレイモキャンペーン、キレイモ入会:コンテンツが「キレイモの入会方法はこちら、キャンペーン情報などユーザーにメリットのある情報が記載されている場合。

この時ユーザーはキレイモに入会する気満々で検索してきてお得な情報をさらに得てキレイモの広告(入口)があったのでCVが起きた。

ようは商品名などが売れやすい傾向がある。ユーザーが商品を認知している。もしくは認知しているが検討段階の位置にいる。

中の時は求めている感情弱い時。スーパーなどに買い物に行った時が一番わかりやすい。
「あまいもの食べたいけど何かわからない」時、たまたまお菓子コーナーで見た見たことない新商品のチョコレート。
キャッチコピーも「口の中でとろっと溶けて濃厚な甘みが味わえます。」と具体的に説明されていて消費者の頭の中でイメージをさせることができた時。

買い物する気持ちが中の人を落とすには感情を揺さぶる言葉や映像あらゆるコンテンツを作って感動させなければCVまでにはいたらない。

悩み系キーワードにも例えることができる。
「仕事が忙しくて運動する時間がない。健康にも悪いし、太ってやばい」人の検索ワード→「痩せたい」

商品1.運動後に飲むだけで効果が期待できるダイエットサプリ

商品2.甘くて美味しい!飲みやすいと評判の青汁フルーツジュース。飲むだけ

この2つのうちどちらが「痩せたい」とだけのキーワードで検索してCV率が高そうな商品&文言かと言えば明らかに検索ユーザーの検索ニーズをとらえている商品2だと思う。

商品1は運動後という言葉が「運動しないといけないのか運動する時間ねーし」と思い離脱するが商品2は運動しなくても飲むだけの青汁なんだ。しかも青汁って苦いイメージだったけど甘いというイメージギャップがあり好奇心をそそる。
(この時点で感情を揺さぶった)CVに至る確率が高まった。後は広告先のEF次第になる。

こういった面でも意図が明確じゃないキーワードだとCVさせるまでに強い文章力、コンテンツ作成が必要になる。

ただ、今の自分はここで勝負しても勝てないので同じ土俵には立たないようにする。

ではどうするか?

これまで話してきた。

消費者、強の一番買ってくれる時のポイントと中の人の一番強い部分を掛け合わせて広告、ターゲット、コンテンツ作りに照らし合わせる。

まとめると
商品を買う思い度80%の強いユーザーは商品名で検索してくるのでそういった明確なキーワードを見つけて商品のメリットをさらに高める文章で感情を揺さぶる。

ここでポイントとなってくるのが、この商品名で検索してきたユーザーはどんな意図があって商品を購入した後にはどのような未来をイメージして検索しているのかそこを売り手がイメージして具体的に文章で伝えることがCVのポイントになる。

買う行動をさせる、最後の背中を押してあげることを意識して書く。

欲望の強いキーワードはどうか?
欲望の強いキーワードは「~したい」「~ほしい」などのキーワードの事。

こういったキーワードは中の層のユーザーが多い。だからまだ迷っている段階。
例えば、「彼女欲しい」というキーワードにPCMAXを貼っても響きにくいかもしれない。

しっかりと説明できる文章コンテンツ、体験談などあれば信頼度がアップするがユーザーの中には「ハッピーメール」など他の広告も潜在意識として残っていて比較をしてしまうかもしれない。

そうなると難しくなるのでこういった欲望の強いキーワードはコンテンツを十分にマッチさせて余計な情報入れないのがベスト。
通販ショッピングが良い例。

商品名でも消費者の欲望が強いキーワード、広告はなにか?見極めることでCVが高まる。

【信頼を得てコンバージョン率アップ!】
信頼を得る為には価値のある情報を無料で相手に与えて与えて与えまくる!!
顔出しすること。
問い合わせ窓口を作る事。

記事を読んでいるユーザーは「本当に?うさんくさくない?」と思っていると考えたうえで記事を書く事。
記事を読んでいるユーザーは「証拠を見せてほしい」というのがほとんど。その為には証拠写真が必要。

沖縄 車輸送 安い

名護方面から車で行く人へ!美ら海水族館から歩いて近い駐車場はここ(水族館の様子なども)

この前、美ら海水族館行ってきたんですけど人多すぎる。

中国、台湾、韓国といったアジア人~日本の観光客まで平日のお昼12時頃に行ったけど水族館内はギューギューでした。

その前に名護方面から来た場合、駐車場C地点はほぼ満車なので車止めるのはおすすめできないです。

皆、「あっ!駐車場だ!ここ止めよう」と思ってしまうんですが結局、C地点に止めれたとしても駐車場から水族館まで歩いて行くと遠いんで

1番はA地点かB地点。水族館からも距離が近いんでおすすめ(^^)/

 

A地点からだと駐車場から水族館まで歩いて3分くらいで行けるので。

水族館内はこんな感じ!!

お昼14時半頃からイルカのオキちゃんショーがはじまるのでコレは絶対見たほうが良い。

というか、これ見ないと正直水族館だけは微妙・・。

ココから見える伊江島が凄くキレイです。

美ら海水族館 住所

ファンドのカモにされている?騙し合い攻防のチャート

タイトル通り
ファンドのカモにされている?騙し合い攻防のチャートなんだけど

これまで上昇してきたチャートが111円でヒゲを付けてからの徐々に下げチャート。

多分髭を見て111円台~110円台で売っている個人投資家たちが多いのかなぁ。

109円台まで徐々に売っていく人たち。それを見て110.200円くらいからポジった人達。。

ヒゲを付けてそうじゃないんだよって!!ファンドが買いを入れたのかなぁ。

まぁこれ北朝鮮が早朝にミサイル発射したから109円台まで下げたチャートなんだけどね。

コンド-ム通販